最上町ウエルネスプラザ各施設内の浴槽等におけるレジオネラ属菌の検出について

最上町ウエルネスプラザ各施設内における浴槽等の水質検査を行ったところ、検査機関より、最高で1,700CFU/100mlのレジオネラ属菌が検出され、検査基準(10CFU/100ml未満)に不適合との報告がなされました。

これを受けまして、高齢者総合福祉センターの大浴場につきましては、当分の間、お休みとさせていただきます。レジオネラ属菌が検出された原因につきましては、現在調査中となっています。

また、現地点では、施設の利用者で体調不良を訴える人は出ていませんが、最近大浴場をご利用なられたお客様でレジオネラ症のような症状(高熱や風邪のような症状)がある方、今後発症された方は、すぐに医療機関で受診していただきますようお願いいたします。

今件につきましては、ご利用者の皆さまに大変ご迷惑をおかけしておりますが、一日も早く通常通りのサービスがご提供できるよう努めてまいりますので、ご理解下さいますようよろしくお願いいたします。